任意整理したのに返済できない場合は?

債務整理の一つ任意整理ですが、債務者の負担を減らすメリットがあり、借金問題の解決方法としてお馴染みです。しかし任意整理をしてもそれだけで借金問題が解決できない場合もありますので注意しましょう。
<任意整理すると借金はどうなる?>任意整理は債権者と債務者側が交渉によって借金額の減免や金利を将来的に減らしてもらう手続きの事です。双方が和解して新たな借金の組み直しをするもので、そのためには弁護士に依頼するケースがほとんどです。任意整理をするとまずしつこい取り立てがストップすることや、借金の返済額が減るなどのメリットがあります。しかし任意整理をしたからといってもその後債務者の収入が減ってしまったり、リストラをされて返済ができなくなる場合もあります。通常は2回程度返済が遅れてしまった場合は遅延損害金を払って対処することも可能ですが、いつまでも返済が滞ってしまうと他の債務整理の方法で対処しないといけません。自己破産や個人再生という方法も残されてますので、任意整理で返済が困難になってしまった場合は弁護士にまず相談をしましょう。返済が計画通りにできないと、滞納した分だけでなく残額を一括を請求されたり、最悪の場合は強制執行ということもあります。早めに対処しないといけない問題なのです。
<弁護士に相談をしよう>任意整理をしたけど返済ができない、という可能性は誰にでもあります。病気をして働けなくなる可能性もありますし、経済状況によって収入が減ってしまうこともありますよね。そこで任意整理をして返済が難しいと感じたら、すぐに弁護士に依頼をしましょう。一番安心なのは任意整理の依頼をお願いした弁護士に再び相談することです。借金の残額や収入などを検討して、将来的にどうやって借金の返済をするか、色々な角度から検討してもらえます。弁護士が債権者に交渉してくれる場合や、自己破産、個人再生で借金問題を解決するケースもあります。どのような方法でも、自分の借金にあった一番ベストな方法で解決してもらえますので、知識や経験が豊富な弁護士に相談をするのが一番の解決方法です。弁護士によっては任意整理を扱った以降に滞納が発覚したケースは、委任業務が終了したとして対応しない場合もありますので、新たに弁護士を見つける必要があります。弁護士にはそれぞれ得意分野がありますので、借金に精通している弁護士を選んですぐに相談をしてみましょう。