借金で過払い金の調べ方・確認方法

違法な金利の借金は、過払い金返還請求をすることができます。過去に借金をした方も対象になりますので、まずは過払いをしたかどうかチェックをしてみましょう。不安な場合は弁護士に相談するのも方法の一つです。
<過払い金ってなに?>最近よく耳にする過払い金返還請求という言葉ですが、払い過ぎたお金を返してもらえるというシステムです。もしかしたら自分もその対象になっているかも、と思った方は多いのではないでしょうか。そもそも2010年に改正貸金業法が施行されてから、金利の額も大幅に変化しました。利息制限法により金利は15%〜20%に統一されたため、闇金業者などで借金をする件数が減っているとも言われています。法定金利の出資法の上限である金利29.2%のグレーゾーンと呼ばれる金利に対しては、過払いの対象になるため返還請求ができるのです。可能性がある場合としては借金を2010年以前にした人で、大手の消費者金融やカードでキャッシングをした方、高い金利で借金をした方などが対象になる確率があります。違法な闇金だけでなく、TVCMでお馴染みの大手の消費者金融で借りた方も可能性があります。返済期間が長いものほど過払いをしていた可能性がありますので、自分が対象になるかどうかまずはチェックしてみましょう。
<どうやって確認できるの?>過払い金返還請求は完済したものでも、10年以内の借金であれば返還請求ができます。自分でチェックをする場合には金融業者に取引履歴を請求して金利をチェックしてみましょう。自分で過払い金返還請求をすることも可能ですが、金融業者が個人に対してはあまり誠意をもって対処してくれない場合もあるようです。そこで過払い金返還請求をするときは借金問題専門の弁護士に相談をしてみましょう。近年過払い金返還の為に経営が苦しくなっている金融業者も大変増えています。そのため個人で対応しても取引履歴を開示してくれない場合もありますので、プロに依頼をしたほうがスムーズに手続きができますよね。また過払い金のシュミレーションができるサイトなどもありますので、気になる時はチェックしてみましょう。もし自分が過払いの対象になると思われる時は、無料の弁護士相談ですぐ問いあわせてくだいね。払い過ぎたお金を返還請求することは法律で認められています。請求手続きは期間が決まっていますので、早速弁護士に相談をしてみましょう。