債務整理後に借入することは可能か?

借金問題は放置していると金利がさらに膨大になり、簡単に解決できなくなってしまいます。返済のために闇金から借金を繰り返す方もなかにはいますが、一度はまってしまうとなかなか抜け出せないのが借金地獄です。
<債務整理後の借り入れはできるのか>債務整理をするとその後の生活には色々な制限がでてしまいます。まず5年間はブラックリストに載っているため、新たなクレジットカードを作ることや新しく借金をすることはできません。仮にクレジットカードの申請をしても、審査が通らない為借り入れをすることは難しいのです。しかし5年が経過した後、きちんと予定通りに借金を返済して完済している場合は、信用度が高くなる場合もあり金融業者からは新たな借り入れをすることは可能になります。3年間で返済を予定通りに行い完済できれば、ある程度の評価にもつながります。ブラックリストに載っている期間が過ぎても、借金の残額がまだ残っている場合は新たな借り入れはできません。勘違いをされる方も多いのですが、ブラックリストの期間は事故情報だけが消えるもので、借金が完済されていなければ借り入れはできません。返済を予定通りに行い、さらに5年が過ぎればブラックリストに載った経歴も消えるため、まったく過去に借金をしていない状態に戻ることができます。
<住宅ローンは組めるの?>債務整理をした後の新たな借り入れには色々な制限があります。5年間はブラックリストに載っていますので、金融機関からお金を借りることはできません。しかし生活をするうえでどうしてもローンを組まないといけないことがたくさんありますよね。そのなかの一つが住宅ローンです。過去に債務整理をした経験がある方は、きちんと完済して一定期間が過ぎていれば住宅ローンを組むことは可能です。しかし住宅ローンの場合は、借金の経験がない人にとっても審査がたいへん厳しく、いくつもの金融機関に相談をしないとローンが組めない場合もあります。金融機関によっては債務整理の過去があっても住宅ローンを組めるところはありますので、色々と相談してみましょう。また車も高額な買い物になるため、ローンを組んで購入する方がほとんどですよね。債務整理をした後は住宅ローンと同様に審査の結果次第では借り入れが可能です。闇金のようにブラックリストでもOKという業者からは借金をしないようにしましょう。事故情報が消えるまでは本来新たな借り入れはできないことになっていますからね。