債務整理のメリット・デメリット

多重債務者や、月々の返済ができなくなり借金額を減らす法的な手続き債務整理。この手続きをすれば辛い借金問題を解決することができます。しかし急いで手続きをはじめてしまうと、意外なところで落とし穴がある場合もありますので、手続きの前にメリットとデメリットを理解しておきましょう。
<債務手続きのメリット>債務手続きは多重債務者にとってはとてもメリットだらけのように見えますが、実はデメリットもあります。しかし借金問題を解決として残された方法が債務整理だけになった場合は、少しでも自分の借金に合った方法で解決することが大切です。債務整理の方法によってメリットは異なりますが、近年増えている過払い金返還請求の場合は、弁護士が債権者と話し合いをして借金を解決してくれるため、人に知られずに払い過ぎた利息を返還してもらうことができます。また任意整理のメリットは手続きを始めることでしつこい取り立てを辞めさせることができ、高額な金利を減らすことができます。自己破産のように官報に掲載されることもないため、個人情報を守るメリットもありますね。自己破産の場合のメリットですが、借金が免除され債権者からの取り立てもストップします。自己破産の手続きは個人でも可能ですが、専門家の弁護士に依頼したほうがスムーズに手続きを進めることができます。
<債務手続きのデメリット>債務手続きをすれば借金問題から解放される。そのメリットだけを意識してしまうと、後から大変な目にあってしまいますよ。債務整理にはデメリットになる点がいくつかあります。自己破産をした場合は、10年間はブラックリストに載ってしまうため、新しく借金ができないだけでなく、クレジットカードを作ることもできません。また自宅を処分されたり、半年間ほど特定の職業にはつけないなどのデメリットもあります。そして官報に掲載される為に、個人の借金情報が特定機関の人に閲覧されてしまいます。近年増えている過払い金返還の場合は、デメリットとしてその金融業者からは二度と借金ができなくなります。債務整理は借金額が減額されたり、大変魅力に感じる点もありますが、将来的には生活が不都合になる状況も発生してしまいます。しかし法的な方法で借金問題を解決することが、一番安全でしかも早く借金地獄から解放される一番の方法です。どうしていいかわからない状況にいる方、まずはメリットとデメリットを考えたうえで弁護士に相談してみましょう。