市役所に借金相談をする方法

生活のために借金を重ねすぎてしまって、生活がうまくいかないという、いわゆる多重債務の問題は、全国的にもかなり深刻であるといえます。そのため、身近な地域にある市役所などの行政機関では、定期的に借金相談の受付をしているケースがほとんどです。
この借金相談に関してですが、たとえば騙されて高金利の契約をさせられてしまったということであれば、消費生活相談センターにいる消費生活相談員などが対応することもありますが、そうでない通常の借金についてであれば、市役所を巡回している弁護士が実際には相談に乗り、市役所の職員は予約の受付などの業務だけを担当しているといったしくみになっていることが多いようです。
基本的には、市役所の広報広聴関連、あるいは相談センターなどの窓口に電話などで予約をして、予約が空いていれば、当日に庁舎をおとずれて、相談を受けるという方法になります。
こうした市役所での相談であれば、弁護士事務所をたずねて直接的に法律相談を依頼するのとは違って、無料で対応してもらうことができ、しかも弁護士をわざわざ探す必要がなく、市役所なので安心感が高いという点がメリットといえます。
しかし、実は無料で相談に応じてもらえるということから、予約がかなり先まで埋まっていて、すぐにでも対応してもらいたいという願いはほとんど聞き入れてもらえる可能性が低いというデメリットがあります。また、巡回している弁護士も、交通相談や相続相談などといった、いくつもの分野をかけもちしており、かならずしも借金問題に対して知識経験が豊富な人であるとは限らないというところもネックです。
もしも担当分野に強い弁護士に相談してアドバイスをもらい、すぐにでも債務整理などの方法による借金問題の解消をしてもらいたいということであれば、やはり、インターネットなどで専門分野の弁護士を探しだして、直接相談のアポイントメントをとったほうがよいといえます。