弁護士費用の相場

借金をしていたけども、無事に返済したとすれば問題ありませんが、返済をしていないとすれば、債務整理をしなければならなくなります。債務整理とは任意整理・個人再生・自己破産になります。ただ、これらの債務整理をするのは意外と勇気が必要です。なぜなら、債務整理をする場合には、自分ですることは難しく、多くの場合は弁護士に代理人になってもらい処理をしなければなりません。例えば、病院の場合には何度も通った経験があるかもしれませんので、だいたいどれくらいのお金がかかるかがわかるはずですが、弁護士を利用する場合にはどれくらいのお金を払ったらいいのかがわかりません。
では、借金問題に弁護士を利用する場合どれくらいのお金を支払ったらいいのでしょうか。まず、任意整理の場合ですが、任意整理は着手金と成功報酬を合わせておよそ借金の額の20パーセントほどになります。もちろん成功報酬が多ければ弁護士に支払う費用は増えますが、手元に残るお金も増えますので、結果的にはお得になります。
過払金請求については、1社につき着手金が2万円から3万円ほど、事務手数料がやはり2万円から3万円ほどになります。3社から借り入れをしてそれぞれ過払金請求をするとすれば15万円から18万円ぐらいの費用になります。そう考えると、過払金の額が少なければ少ないほど過払金請求をすると損することになりますので、気を付けましょう。
自己破産になると、弁護士費用だけで20万円から30万円ぐらいが相場になります。財産を管理する管財人を必要とするときには20万円から40万円の費用がかかります。もし、財産がない時には管財人に支払う必要はありません。その代わり1万円から3万円程度の予納金を必要とします。
個人再生の場合には、個人再生委員への報酬がおよそ25万円程になります。ただし、弁護士に個人再生の処理を依頼すると、個人再生委員に対して15万円しか支払わなくて良くなりますが、その代わり弁護士に15万円ほど支払いますので、結局30万円ぐらいの支払いになります。