借金相談を家族に秘密でばれない方法

債務整理をして借金を減らしたいけど、家族にはバレたくない、そんな人は多いはずです。借金そのものを内緒にしている人がほとんどですから、債務整理や弁護士への相談を内緒にしたいのは当然です。弁護士に間に入ってもらって債務整理をするとなると、自宅に電話がかかってきたり、裁判所から書類が届いたりしてバレてしまうのではないか、と不安に思っている人も多いかもしれません。
しかし、債務整理を検討するために行動を起こさないほうが、いずれ家族にバレる可能性が高いでしょう。なぜなら長期間返済が滞ると、債権者から督促状が送られてきたり、電話がかかってきたりする可能性が高くなるからです。債権者が債権を回収するために督促行為を行うのは正当な権利であり、頻度や態様が常識の範囲内であれば、問題はありません。債務整理を検討する時点で既に完済が難しくなっているでしょうから、いずれは破綻することが目に見えています。
弁護士に債務整理を依頼すると、すぐに債権者からの督促行為がなくなります。債務者に弁護士が代理人としてついた場合、債権者は直接債務者に督促行為を行ってはならない、と法律で決まっているからです。そして、弁護士は債務を減らして生活を立て直すために債務整理の手続きをしてくれます。弁護士の仕事は依頼人の利益を最大限に守ることですから、必要もないのに家族に連絡をしたりはしません。そして、借金は個人の問題であり、家族は関係ありませんので、家族に連絡をする必要性はどこにもありません。安心して任せると良いでしょう。裁判所を通す債務整理であっても、書類などの送付先を弁護士にすることができます。より秘密を守れる可能性が高くなります。
弁護士の知り合いはいない人が多いでしょうが、ネットで検索すれば借金問題を得意とする弁護士がたくさん出てきます。借金問題に関しては相談を無料にしている弁護士が多いので、まずは相談に行き、フィーリングが合う弁護士を見つけましょう。