借金男との結婚はあり?別れたほうがいい?

借金がある男性との結婚はありかなしかというと、基本的にはその理由や金額によるといえます。
借金の理由が浪費癖であれば、将来的に苦労をする可能性は高くなってしまいますから避けたほうが良いといえます。
理由がやむおえない事情によるものであり、奨学金の返済であったり病気をした時にお金がかかって借金をしてしまったというものであれば現在の状況次第で結婚をするのも問題無いでしょう。

 

基本的にどちらにしても決めるのは本人たちですから、借金があっても結婚をしたいと考えているのであれば結婚をすればいいだけの話ですし、逆にどのような理由であっても借金がある相手とは結婚できないというのもひとつの考え方としては間違っていません。
借金があることが大きなマイナスとなることはないという人がいても、それがプラスになるということは普通はありませんから基本的には借りた理由や金額によって結婚の可否を決めることになります。

 

お金を借りることは必ずしも悪いことではありませんが、計画性もなくお金を借りるような相手と結婚をすることになれば結婚した跡に苦労をするということは目に見えています。
結婚をするときに金銭感覚を治すと約束したとしても、このようなことは簡単に治るものではありませんからその言葉を信じて結婚をすれば苦労をすることになってしまいます。
逆にやむおえない事情によって借りたお金で、問題なく返済をできているというのであれば結婚をして互いに協力して支え合うというのも悪いものではありません。

 

そのため、本人たちの気持ちの問題が一番ですが借金があることによって結婚生活はどうなるのかということを考えて、上手くやっていけそうであれば結婚をしても問題なく、逆に上手くやっていくことができなさそうであれば結婚は避けたほうが良いということになります。
どちらにしても結婚をするにおいて借金の問題は、非常に重要な事になりますから事前に確認をしておきましょう。

 

彼氏に借入が!あなたは結婚できますか?

 

彼氏が借金をしている場合、結婚をするかどうかというのは難しい問題となっています。
借金があってもそれ以上に魅力があり、問題なく生活をしていくことができるというのであれば悩むこともないでしょうが、基本的には借金があるというのはプラスになるようなことはありません。

 

結婚をするにあたって問題となるのが、経済的に苦しい生活を強いられることがないか、金銭感覚で折り合っていくことができるのかといったものがあります。
なぜ、お金を借りているのかということも問題でありその理由が、止む終えないものであれば理由によって結婚を考えるというのも悪いものではありません。
例えば奨学金の返済であったり、仕事でどうしても車が必要なのでローンを組んだという場合には計画性がないわけではありませんから順調に返済をすることができているのであれば、取り立て的にするようなことではありません。

 

理由が浪費であったりギャンブルなどによってできたとなればこれは大きな問題となってしまいます。
十分な収入があって、結婚をしてからは浪費もギャンブルもしないとなれば問題なく結婚をすることもできるでしょう。
しかし、そのような相手は結婚をしたからといってすぐに金銭感覚が是正されるということはありませんから、同じようなお金の使い方をしていれば苦しい生活を強いられることになってしまいます。
この場合、相当に相手に魅力があるのでもなければ一般的には結婚を避けたほうが良いということになります。

 

最終的には当人たちが満足をするのであれば問題はないのですが、相手の借金というのは結婚をする上で無視することができるものではありません。
あまり結婚前にお金のことでとやかく言いたくないという気持ちはあるかもしれませんが、だからといって放っておいて後から問題が発覚しては大変ですから必ず借金のことについては確認をする必要があります。
その上で結婚をするかどうかというのは、当人たちの気持ち次第となるのです。