借金で死にたい助けて

借金返済ができなくて死にたいと考えてしまう方は、債務整理という方法を把握していません。
自己破産については漠然と知っている方が多いでしょうが、自己破産をすれば親族・会社にも連絡が行くし、仕事を続けられないと考えている方は多いでしょう。
しかし実際は、弁護士側にも守秘義務があるので、相談者が内緒にするように希望すれば、外部にはバレないように配慮してくれます。
官報には自己破産をした旨が記載されますが、政府の特別な情報誌であり閲覧する方は非常に限られています。
官報でバレるケースは皆無ではありませんが、実際には非常に少ないと考えていいでしょう。

 

借金の悩みは弁護士に依頼すれば100%解決することができます。
税金に関しては債務整理できませんが、借金ならギャンブルで作ったものでも大丈夫です。
自己破産のほかにも個人再生や任意整理もあり、費用や借金の減額効果なども考慮して決めていきます。
自己破産なら債務をゼロにできますが、弁護士費用も30万円以上はかかってしまいます。
個人再生も同程度の費用がかかるので、少ない借金なら任意整理で解決する方が多いです。
過払い金が発生している場合は、こちらも同時に回収手続きをしてくれます。
特定調停で自分で借金の整理をすることも可能ですが、過払い金が発生している場合は別途手続きが必要となります。
弁護士に丸投げしたほうが楽ですし、過払い金が発生している場合はより多く回収することができるでしょう。

 

何より専門家に任せる魅力は、取り立てがすぐにストップすることです。
その効果は絶大であり、複数の借入先から取り立てを受けていても、すべて嘘のように止めることができます。
それほど弁護士の力は強力であり、受任通知を提出したら大抵3日以内に取り立てはこなくなります。
しかも債務整理の支払い計画が決定するまで、業者に返済する必要はなくなるのです。
死にたいと嘆くよりも弁護士に相談して、返済可能な金額まで借金を圧縮していきましょう。

 

 

ギャンブル・買物依存で破滅する理由

 

ギャンブルや買物依存症で破滅してしまう理由としては、見境なくお金をつぎ込んでしまうという点にあります。
買物依存症の場合、買物をやめることができずにお金を有るだけ使ってしまうということがありお金がなくなれば当然生活をしていくことができません。
そのため、生活をするために借金をすることになるのですが、借金をしても買物をやめることができないのでその結果として生活が破綻してしまうことになるのです。
しかし、買物というのはまだ物が残りますからいくらか価値のあるものであればそれを手放すことによって、僅かなりともお金が戻ってきますが、更に恐ろしいのはギャンブルです。

 

ギャンブルは勝てばお金を手に入れることができますが、仕組みとしては賭けに参加する側が必ず負けてしまうことになります。
勝負をすればするほどお金がなくなっていくわけですが、ギャンブルの恐ろしいところはたまにお金が戻ってくるという点にあり、それまでの負けを取り戻そうとして今まで以上のお金をつぎ込んで傷口を広げてしまうことになります。
もちろん、必ず負けるとは限りませんから10人が同じことをすれば一人ぐらいは取り返すことができることもあるものです。
しかし、それはごく僅かで大半のギャンブル依存症の人はいたずらに傷口だけを広げて、借金をすることになり生活が破綻してしまうことになります。

 

どちらに共通していえることは身の丈に合わないお金をどんどんつぎ込むことで、生活が成り立たなくなってしまって破滅してしまうということにあります。
程々に楽しんでいれば、ギャンブルも買物の生活に潤いを与えてくれるものではありますが、それが過度に行き過ぎてしまうようなことがあればお金がいくらあっても足りないということになり最終的には破滅してしまうことになるのです。
このような状態になっている時には、できるだけ早めに対処することが重要であり借金をする前になんとかしなければなりません。