夫の借金相談は誰にすべきか

夫の借金が発覚し、離婚の危機に陥るという話はよく聞かれます。
こうしたケースは実に多く、そのほとんどはキャッシングやカードローンなのです。
多目的ローンは用途が自由であり、使い道については内緒にしたいと考える方が多いです。
それゆえ夫側から借金をしていることを告白してくる可能性は低いと言えます。

 

もし夫の借金が見つかっても、直接家計に負担を与えていないなら黙っておくのが得策です。
自分のお小遣いの範囲内で返済できるなら、家計に影響することはないでしょう。
ただ、家計に影響がくるような状況なら、借金について相談していく必要があります。
個人向けローンの利用では、決して周りに迷惑をかけてはいけないのです。
返済金が用意できないという理由で、食費を節約するなど言語道断でしょう。

 

借金というのは金額が高額になるほど、返済が難しくなる性質があります。
金額が少ないと1回で完済も可能でしょうが、金額が大きくなると1年以上かかることも多いでしょう。
計画的に返済できれば理想ですが、実際には緊急で入用が発生するなど、追加融資を受けるべき状況は多々あるものです。
そもそも返済金を捻出すると小遣いが減ってしまうので、その分を補填するために借りてしまうことも増えてきます。
夫と相談をして完済が難しいと判断されるなら、債務整理をすることも考えましょう。
月収で数万円増やせば返済できる状況なら、単発バイトで稼ぐという方法もあります。
いずれにしても、夫が作った借金は夫自身に整理をさせるのが基本です。
妻が貯金を崩して返済してあげるケースもありますが、そこに甘えられる可能性もありえます。
自力で返済できなくなったら、妻がなんとかしてくれると考える男性は多いのです。
借金は借りた本人が返済するのが基本であり、もし返済金を捻出できない場合は債務整理をするのも仕方がありません。
キャッシングやカードローンの整理には、任意整理という方法を利用する方が多いです。
この方法なら特定の借入先だけ整理することも可能ですし、裁判所を通すことなく整理できます。

 

 

 

家族の誰に相談する打ち明けるべきか

 

 

借金の相談をする相手といえば、親、夫、妻、家族、友人などが選択肢に挙がることが多いですが、相談するだけで借金がなくなることはありません。
身内や友人などに相談した場合、一時的にお金を借りるという話でまとまることが多いですが、金銭の貸し借りは親しい間柄ほど避けるべきです。
相談する相手としては弁護士が最適であり、特に借金問題の解決実績が豊富な方に相談するべきでしょう。
弁護士に依頼をすると債務整理という流れになりますが、相談後はほぼ100%の方が債務整理をしている現実があります。
そもそも厳しいながらも返済できる状態なら、誰にも相談などしないはずです。
弁護士の話を聞いても、多くの相談者は完全に追い詰められるまで相談をしないと言います。

 

キャッシングなどの個人向けローンなら、家族に内緒にして処理するのがいいでしょう。
キャッシングに偏見を持っている方は多く、消費者金融は闇金や悪徳業者だと考えている方も少なくありません。
借金問題が原因で離婚に至るケースもあるため、内緒にしておいたほうが安心でしょう。
ただ、自分の借金が原因で家族に迷惑をかけている状況なら、正直に話すのが筋というものです。
その上で今後の解決策について話し合っていきますが、家族から借りて返済に充てるという方法はおすすめできません。
返済不能に陥る方の多くは借り癖がついているため、安易に他人が借金の肩代わりをすると甘えてしまうのです。
特にギャンブルをする方が借金を肩代わりをしてもらうと、再びギャンブルで債務を増やすという悪循環になりかねません。

 

弁護士を選ぶときは債務整理の専門家がベストなので、WEBサイトで実績を見ておきましょう。
誰に相談しても結果は同じと考える方は多いですが、交渉力がまったく違ってきます。
有能な弁護士は債権者との交渉力に長けており、過払い金が発生している場合は多くの回収が期待できます。
過払い請求の交渉力の差により、回収額に数倍の差が出てしまうことはよくあるのです。