親の借金肩代わりの必要性

親の借金を肩代わりする必要があるのかというと、連帯保証人にでもなっていないかぎりは必要ありません。
血のつながりがあると行っても、互いの借金のことに関しては人のことですから親の借入を肩代わりしなければならないという道理はないのです。
貸している側からすれば貸したお金が返ってくればいいので、親が返済不能になればその子に対して何かしらの理由をつけて取り立てに来るということはありますが、相手にうまく乗せられて返済をしなければならないということはありません。

 

注意が必要な点としては、借金を相続する場合で親が残した借金というのはそのまま相続することになれば返済をしなければなりません。
借金の相続を放棄することはできますが、財産となるものは相続して債務は相続しないということはできないので注意をしましょう。
そのため、財産と債務を差し引きしてお金が残るようであれば相続をしマイナスになるようであれば、相続を放棄するという方法があるので覚えておく必要があります。

 

それ以外の場合にはたとえ親であろうとも肩代わりをする必要はないので、肩代わりするように債権者から迫られてもきっぱりと断るようにしましょう。
血のつながっている人間の借金というのは、返済義務があるのではないかと思ってしまってつい相手の言うことが正しいのではと支払いに応じてしまうこともありますが、返済する義務はないので覚えておくことが大切です。
世話になったからと自ら進んで肩代わりするというのであれば問題はありませんが、納得出来ないままに肩代わりをすることになっては経済的な負担も大きくなってしまいますから納得出来ないままに肩代わりをするのはやめましょう。
連帯保証人にでもなっていなければ、基本的には借りた人が返すことになっていますから親の借金というのは子にとって関係のないものであるため返済をしなければならないと思わずに、あくまでも他の人の借金として考えて問題ありません。