妻の借金返済義務は

一度結婚した夫婦が離婚する要因として時折見られるのが借金問題です。
例えば「妻が勝手に借金をしていたことがわかり、その返済で生活が苦しくなったがために離婚まで発展した」などの
ケースがあるのですが、この場合夫側が特に気にするのが借金の返済義務についてです。
夫のあずかり知らぬ場所で勝手に作った借金であれば返済する必要も無いはず、返済などしたく無いと思うことでしょうが、これについての判断はその借金の事情によって変わってきます。
まず返済義務が生じない、責任をとる必要が無いケースについてですが、これは「妻が自分のためだけに借り入れをした」という場合です。
例えば自分が使うためだけの服やバッグといった高額商品を買うために借り入れをした、外食などの娯楽目的で借り入れをしたという場合、夫がその責任をとる必要はないと判断されるのが普通です。
借金というのはあくまでも個人が行うものであり返済も借り入れをした個人が行うものという原則があり、仮に家計を同じくしている夫婦であったとしてもその原則は適用されるからです。
しかしこれとは正反対に夫にも返済義務が生じるのが「生活費など家計のために借り入れを行った」という場合です。
この場合も原則からみれば妻だけに責任が発生するように見えるのですが、その借り入れの理由は家計、つまり夫婦生活を存続させるためだったということにあります。
こうした事情による借金はたとえ夫が知らなかったことであったとしても結果としては夫もその借金に関わっていた部分があるわけですから、夫に対しても返済義務が生じる形になるわけです。
もしこの返済義務が生じるケースに該当するような状態であった場合には、今後その返済を夫も協力して行うべきとして判断されることになるのが一般的です。
どうしても納得が出来ないということであれば裁判などの形で状況を判断して責任の所在を明らかにすることもできるでしょうが、もしこうした家計のためという事情であれば黙って借り入れをしたことを責めるとしても責任を放棄するというのは適当ではないでしょう。

 

 

妻や家族の借金癖を治すには

 

友達から借金をすると、貸した方も借りた方も嫌な気持ちになることがあります。金の貸し借りはするな、貸した時はあげたと思え、とよくいいます。また、金を借りる相手が友達や家族ならまだしも、消費者金融にお金を借りるようになると、高い金利の問題や強引な取立によって、その家族まで迷惑を被ることになります。消費者金融は、返済リスクのある客に、高い金利を払わせて事業を維持しているので、法外な金利を要求されることもありますし、返済を怠ると家や職場まで押しかけてきたり、迷惑行為をして借りた本人のみならず、その家族にも危険を及ぼすことがあります。そこで、家族に借金癖かある場合には、消費者金融に手を出す前であって、友人や家族にお金を借りているうちにその癖を直す必要があります。借金をする癖がある人というのは、お金をつかう必要があるから借りるのです。そこで、まずその人が何にどれだけのお金を使っているのか、その消費はどうしても必要なものかそうでないのかを調査する方法があります。そして、原因を突き止めたら消費行動を制限してみると良いでしょう。例えば、パチンコや競馬にいってお金を全部使ってきてしまうような人には、そういった場所にいくことをやめさせるか、又は回数を減らさせたり、賭ける金額に上限をもうけ、自分でまかなえる範囲内で遊ぶよう説得する必要があります。また、お買い物ホリックな娘や妻に対しても、クレジットカードのような上限が定まらないものをもたせず、現金を上限分だけ渡してその範囲内で買い物をするように説得する必要があります。しかし、どうしても勝手に借金をしてきてしまう人がいる場合には、借金をすることができないような環境をつくる必要があります。例えば、いつも貸主になるような親族や友人には、もう貸さないでほしいと連絡をして借金をできなくしたり、消費貸借契約のときに必要になる実印や身分証明書の管理をして借金をできなくすることが必要です。